2004年02月28日

JR東日本 駅からハイキング 知ってるようで知らない身近な街シリーズ 第4回 中野−西荻窪(2004.02.28)

 「中央線文化」の中心地ともいわれる中野から、それぞれの街の個性あふれるストリートを散歩します。
コース:JR中野駅 => 桃園川緑堂 => 高円寺 => ルック商店街 => 阿佐ヶ谷駅 => パールセンター => すずらん通 => 太田黒公園 => 光明院(荻の小径) => 荻窪八幡神社 => 西荻窪アンティーク街 => JR西荻窪駅
距離:約11.1Km

 知っているようで知らない身近な街シリーズの第4回だが、歩き終わった後に予定があるので11時頃には切り上げたい。今回は11Kmという長めの設定なので10Kmを2時間で歩くというペースを考えると、出来れば受付を開始時刻前に済ませて出発したい。
 中野駅に8:45頃到着して、受付へ向かうと既に始まっている。会員番号と名前を伝えて地図を受け取り、すぐに出発する。今回は時間も無いので、寄り道は極力抑えるつもりだ。早い時間帯だと、まだ参加者が少なくて歩きやすい。
 桃園川緑道に入ると、歩行者専用になるので快適に歩ける。川沿いを期待していたが、蓋のされた川の上を歩く形で残念。高円寺の前を通り、寄ってみたい衝動がおきたが前から撮影だけにしておく。

  

  

  

中野駅

桃園川緑道

高円寺

 ルック商店街に入ると、まだ10時前のせいか店もあまり開いていない。街歩きは10時以降が楽しそうだ。馬橋稲荷神社の鳥居も見てみたかったが、今回はコースを進むことを優先する。参加者が少ない時間帯なのは嬉しいが、コースを間違えやすいという難点がある。方向音痴ではないので、距離数があまり変わらない程度に補正して進むが、近くに参加者が居たりすると恥ずかしかったり、他の参加者が間違って付いて来てしまうことも以前にあった。
 パールセンターは阿佐ヶ谷駅から伸びるアーケードの立派な商店街。こちらは、早い時間帯だけれども人通りがそれなりにある。
 青梅街道に出て、杉並郵便局があったので風景印(七夕・妙法寺)を押してもらう。大田黒公園の入口は落ち着いていて、入ってみたいが先を急ぐこととする。環八に出るが、車の量が多く歩くコースには組み入れて欲しくない雰囲気だ。いっそのこと善福寺川に沿って歩こうかとも思ったが、コースを守ることにする。

  

  

  

ルック商店街

すずらん通より
パールセンターを望む

大田黒公園

 光明院の門は閉じていて中へは入れなかったが、参加者が荻の花について聞いていた姿が印象的だった。西荻窪駅までは大きく迂回して、荻窪八幡神社に寄る。ゴールが見えてきたので、余裕をもってお参りをする。結婚式も挙げられそうな立派な神社だ。西荻窪アンティーク街に入り、何軒か変わった店を見かけながら西荻窪駅到着。
 抽選会が有り、このシリーズの参加回数だけ三角くじが引けたが、4枚ともはずれ。しかし、4回参加者には「はやて1周年」の絆創膏が貰えた。予定通り10時57分の列車に乗り、吉祥寺から井の頭線を経由して用事へと向かった。
 いくつかの商店街を通ることが出来たが、ゆっくり見れなかったので、店のやっている時間帯にまた訪問してみたい。

  

  

  

光明院

荻窪八幡神社

西荻窪駅

投稿者 aobatrip : 2004年02月28日 00:00
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?